恐ろしい事⇒;「社会が子供を育てる」←此れの意味は恐怖に繋がる!


白色共産主義保育は日本を滅ぼす!




2009年12月8日に

閣議決定された

保育行政(=子ども子育て新システム)はどういうものか?

おそろしいものである。


やはりテレビ新聞他マスコミは報道しなかった。


【白;色共産主義】=それは・・・男女共同参画で男を女みたいにする。


そして、女を男みたいにする。


性差をなくする悪魔の所業。

それは
『女性を家庭にとどめ置かないで働かせる』
ということである。

とにかく女性を

産業界の女性兵士にすることだ。

すでに小学校の女子生徒は

男子生徒を呼び捨てにしている。

おい、加藤!佐藤!こんなもんだ。

そして白色共産主義は


保育に触手を伸ばした。

保育を母親の手から奪い、


経済原理で育てる。


社会が子供を育てる。

コンビニ保育・チェーン店保育・フランチャイズ保育である。

マク○○○○保育所が

日本国中にこれから誕生する。


駅にある無数のビルは

もうその準備をしているのだ。

無気力子供(=無気力国民)がドンドン誕生する。

5年後は学校の完全な崩壊、

15年後は日本が無くなっているという確度の高い予想

(=長田安司共励保育園理事長)である。


ウソではない。

白色共産主義=病院を株式会社。保育所を株式会社。

究極の目的=日本人抹殺。敗戦後からの日本弱体化作戦の継続。

現況=日本は清国の末期状態であり、各国の草狩り場?

カルタゴ?通州事件が再来する?

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

ついに↓現れた!貪欲な企業!


日本興亜損保、保育所経営に参入へ 

2010.10.31 13:02


金融機関で初、新たな収益源探る
- SankeiBiz(サンケイビズ)

http://goo.gl/U7pL

日本興亜は、
今年4月に日本興亜と損保ジャパンが

経営統合して誕生した

NKSJホールディングス傘下の損害保険会社。

今回の保育所経営の参入には、

縮小する国内市場の中で

新たな収益源を探る狙いがある。

日本興亜は保育所向けの

賠償責任保険を取り扱っており、

保育所の運営について

一定の知識が蓄積されている。

全国に持つネットワークも

保育所経営に

生かせると判断したもようだ。

.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから・・・警告

「子宮頸がんワクチン」は危険は本当ですよ。



「子宮頸がんワクチン」はそのうちに無料になり・・

そして強制的になります。

シナがよくやる民族根絶やしの一つです。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック